ニュース 個人的まとめ

2019年モデルの新型シグナスXが正式発表。2018年モデルと比較や変更点まとめ

  1. HOME >
  2. ニュース >

2019年モデルの新型シグナスXが正式発表。2018年モデルと比較や変更点まとめ

日本でも正式発表されましたので、2018年モデルと比較してみました。
nanameda

広告

2019年モデルのシグナスXのリリース

”ヤマハ発動機株式会社は、スポーティなスタイルと走りで人気の原付2種スクーター「CYGNUS-X」をマイナーチェンジし、2018年11月9日より発売します。”

”「CYGNUS-X」は、外観を一新し、よりスポーティかつ先進的なスタイリングへの進化と機能性の向上を図りました。
 主な変更点は、1)LEDヘッドランプや導光タイプのLEDテールランプなど新作灯火器の採用、2)フルデジタルの液晶マルチファンクションメーターの採用、3)USB対応でスマートフォンなどの充電に便利な12V・DCジャックの採用 などです。 ”

引用元:スポーティなスタイルと走りを備える原付2種スクーター 「CYGNUS-X」 をマイナーチェンジ - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
全文はヤマハのリリースでどうぞ。公式ページこちら

fsdiopfsdaioj
年間目標は7,000台だよ。2018年モデルの変わらず。

2019年モデルの新型シグナスXの価格

fspifdsaiaos
・2019年モデル:32万9,400円
・2018年モデル:31万8,600円

1万800円の値上げです。
装備が結構豪華になってますけど、値上げは1万円です。お買い得感。

シグナスXのカラーラインアップ

2019年モデルの新型シグナスXのカラーラインアップ

cygnus-x_color_001_2019_003
cygnus-x_color_001_2019_001
cygnus-x_color_001_2019_004
cygnus-x_color_001_2019_002
ホワイトメタリック1(ホワイト)
cygnus-x_color_002_2019_003
cygnus-x_color_002_2019_001
ブラックメタリックX(ブラック)
cygnus-x_color_003_2019_003
cygnus-x_color_003_2019_001
ビビッドレッドメタリック5(レッド)
cygnus-x_color_004_2019_003
cygnus-x_color_004_2019_001
ダークグレーメタリックL(ガンメタ)

ヤマハで赤って結構珍しい様な。
にしても鮮やかで良い赤ですね。コレ実物見てみたい。

2018年モデルのシグナスXのカラーラインアップ

cygnus-x_color_001_2018_003
マットダークブルーイッシュグレーメタリック2
cygnus-x_color_002_2018_003
マットブラック2
cygnus-x_color_001_2017_003
ラジカルホワイト
cygnus-x_color_002_2017_003
ミッドナイトシルバー
cygnus-x_color_003_2017_003
ディープパープリッシュブルーメタリックC
cygnus-x_color_004_2017_003
カームイエロー

ついでに2019年モデルの台湾現地シグナスX ABS

D73CY1-big
ダークグレー/グレー(マット)
D73CZ1-big
ブルーゴールド/グレー(マット)
D73DA1-big
ダークグレー/ブラックレッド(マット)

台湾現地シグナス X

D74AE1-big
ダークグレー/ブラック(マット)
D74811-big
ホワイトアッシュ
D74AC1-big
ダークブルー/ダークグレー(マット)
D74921-big
レッド/ダークグレー

台湾の2019年モデルの新型シグナスXはABSモデルもいるよ

feature01-big
ADVICS製第3世代ABSだとか。ちなみにディスク径は24mm、200mmなので変わらずですね。
ABS(システム)はMT-09と同じなんですって。
feature06-big (1)
ABSですけど、センサーローターは前後にありますね。フロントだけ(1チャンネル)じゃない、2チャンネルABSですね。

ちなみに台湾現地だとABSモデルが92,500元(約33万4,800円)で、通常モデルが82,800元(29万9,700円)です。差額は9,700元なので、約3万5,100円。

2019年モデルではABS仕様は日本に入ってきませんでしたけど、数年後に入ってくるんでしょうね。
遅くてもABS義務化の2021年10月までに。

お次はスペックや装備、比較や変更点まとめとか。

2019年モデルの新型シグナスXのスペック

【】は2018年モデルのシグナスX

・全長:1,890mm【1,895mm】
・全幅:690mm
・全高:1,120mm【1,115mm】
・ホイールベース:1,305mm
・シート高:775mm
・重量:119kg【118kg】
・燃料タンク:6.5L
・最低地上高:115mm

・エンジン:SOHC空冷単気筒
・排気量:124cc
・ボア×ストローク:52.4mm×57.9mm
・圧縮比:10.0:1
・馬力:7.2kw(9.8PS)/7,500rpm
・トルク:9.9Nm/6,000rpm
・燃費【WMTC】:37.3km/L
 
・フロントサスペンション:正立
・リアサスペンション:ツインショック
・キャスター:27°
・トレール:90mm

・フロントブレーキ:245mmディスク/2POT
・リアブレーキ:200mmディスク/1POT
・フロントタイヤ:110/70-12 47L
・リアタイヤ:120/70-12 51L 

スペック的にはほぼ変わりありません。現行ベースです。
エンジンスペックも変わりありませんので、エンジンはそのままみたいですね。

2019年モデルの新型シグナスXと2018年モデルのシグナスXの比較

ヘッドライト:ハロゲン→LED

cygnus-x_feature_004_2017_001 (1)
2018
feature03-big
2019
cygnus-x_feature_002_2019_001
LED3灯のヘッドライト。ローで2灯、ハイで3灯です。ポジションもLEDですね。

シグナスと言えばドデカいリフレクターがアイデンティティでしたけど、このLEDヘッドライトはリフレクターサイズが普通です。でもでも…

dhsaoiofaoji
こちら台湾お披露目の動画のスクショ。明るさ2倍的な事が書いてあります。2倍。

どういう基準で2倍なのかはわかりませんが、多分明るくはなってるんだと思います。
公式ページにも明るさの改善と記載がありますので。その辺安心。

テールランプ

feature07
2018
feature04-big
cygnus-x_feature_002_2019_002
2019
デザインの変更ですね。ウィンカーはバルブのまま。
XMAX系デザインのテールかな?

メーター:アナログ&デジタル→フルデジタル

cygnus-x_feature_005_2017_001 (1)
2018
cygnus-x_feature_003_2019_001
2019
シグナスXのメーターもフル液晶になりました。
feature05-big
インジケーターの光り方がかっこよさそう。(こちら台湾仕様の画像なのでハザードついてるよ)

ブレーキ:ABSモデルも用意してるけど、日本は無し

cygnus-x_feature_002_2017_001
cygnus-x_feature_003_2017_001 (1)
2018
cygnus-x_feature_004_2019_001
cygnus-x_feature_004_2019_002
2019
キャリパーやローターは同じですね。径も変わらず。

12V電源

cygnus-x_feature_006_2019_001
フロントラック内に12V電源が付きました。
feature07-big (1)

DCジャック、シガーソケットタイプですね。日本の公式ページにUSB対応って書いてあったけど、どういう意味ですかね。

メットインスペース

cygnus-x_feature_005_2019_001
feature08-big (1)
現行のお写真は無いのですが、新型も変わりなさそうですね。2018も2019も約29Lって表記ですし。

2019年モデルのシグナスXの動画

 
こちら公式PV

 
 
台湾メディアさんの動画。

2019年モデルの新型シグナスXの変更点まとめ

見た目の変更点

nanameda
斜めからの比較GIF画像
yokkoyoko
真横からの比較GIF画像

  • フロント、リアフェンダーそのまま
  • サイレンサーそのまま
  • タンデムステップそのまま
  • ホイール、ブレーキ、サスペンションそのまま
  • フル液晶メーター
  • 新型灯火機類

こうやって比べてみるとキープコンセプトなのが良くわかりますが、殆どの外装が変更されています。インナーカウルとかも違うよ。

スペックの変更点

  • 全長:+5mm大
  • 全高:-5mm
  • 車両重量:+1kg

装備の変更点

  • LEDヘッドライト
  • 12V電源
  • フル液晶メーター
  • エンジン、車体は現行(2018)と変わらない

大体そんな感じです。
iofdsjioa
見た目も中身もキープコンセプトって感じですね。

見た目に関してはなんだか洗練された感じですね。シュッとしてる。
ごつさは多少抜けましたのでその辺は好みでしょうね。個人的には好き。特にテール。

201807_bwsr_big
引用元:BW'S R│YAMAHA 台灣山葉機車
ちなみに台湾では既に2019年モデルの新型BW'S125も発表されていますので、気になる方はこちらの記事でどうぞ。

広告

-ニュース, 個人的まとめ
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ