ニュース

2020年モデルの新型Rebel250と2019年モデルの旧型の比較とか

  1. HOME >
  2. ニュース >

2020年モデルの新型Rebel250と2019年モデルの旧型の比較とか

正式に発表されましたので、変更点とかまとめました。
fjsdifadsifasdif

2020年モデルの新型Rebel250のリリース

”Hondaは、シンプルでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載したクルーザーモデル「Rebel(レブル) 250」の灯火器を全てLEDとするなど仕様を充実させるとともに、個性を演出する純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」をタイプ追加し、それぞれ3月19日(木)に発売します。”

引用元:Honda | クルーザーモデル「Rebel 250」の仕様を充実させるとともに純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」をタイプ追加し発売
リリースこちら。公式ページこちら

Rebel250のカラーラインアップ

2019年モデルの旧型Rebel250のカラーラインナップ

product-01 (44)
マットアーマードシルバーメタリック
product-02 (38)
マットフレスコブラウン
product-03 (26)
パールカデットグレー
product-04 (13)
グラファイトブラック

2020年モデルの新型Rebel250のカラーラインアップ

product-03 (5)
【新色】マットジーンズブルーメタリック
product-01 (8)
【一応継続】マットアーマードシルバーメタリック
product-02 (6)
【一応継続】マットフレスコブラウン
product-04 (4)
【新色】マットアクシスグレーメタリック

Sエディションのマットアクシスグレーメタリックは通常モデルには無いカラーです。商売上手ね。

20-Honda-Rebel-300_Graphite-Black-RFQ-source
ちなみにアメリカのRebel300にはグラファイトブラックも居るよ。
日本は全部マットカラーになっちゃった。

2020年モデルの新型Rebel250のお姿

20-Honda-Rebel-300_Matte-Blue-Jeans-Metallic-RFQ-source
20-Honda-Rebel-300_Matte-Blue-Jeans-Metallic-RRQ-source
20-Honda-Rebel-300_Matte-Blue-Jeans-Metallic-LRQ-source-(1)
20-Honda-Rebel-300_Matte-Blue-Jeans-Metallic-LFQ-source
2020-rebel-300-gallery-02-2400xauto
2020-rebel-300-gallery-04-2400xauto
2020-rebel-300-gallery-05-2400xauto
こちらアメリカのRebel300ですが。

2020年モデルの新型Rebel250の価格

fjoisadfjisdofio
通常モデルは59万9,500円
jfioasdjfaio
Sエディションは63万8,000円です。差額は3万8,500円。装備の違いは下の方で比較するね。
値上がりしてんじゃん??って思うかもしれませんが…
fdsa
2019年モデルはこんな感じ。消費税8%の時ね。

上記の通りにABSモデルの価格は54万5,000円のままです。2020はABS無しのモデルは居ない。
以前にもお伝えしましたが、装備はアップグレードしつつ、価格の値上げは全くない。すげぇ

それもそのはず?でして…

2020年モデルの新型Rebel250の販売計画台数

fjodsiafjadsiop
こちら2017年。初年度
fsadpifaj@iop
こちら2019年モデル。3年目。3年目なのに倍になってる…(2018は居なかったと思う。)
fjasdjfiosd
こちら2020年モデル。9,000台だぞ。マジか。

こちら恐らくはレブル500も含めた数字でしょうけど、超強気な数字ですね。レブル250だけだと7,000~8,000台ぐらいかな?
恐らくは先行受注も相当な数が入ったんだと思われます。めでたいねー

レブル250、超人気モデルですね。
販売店さんもこんなに売れるとは思わなかったって仰ってました。
ホンダの初年度の販売計画台数からもそんな感じよね。

こんなに売れるからカラーが比較的多いし、価格も据え置きに出来るんだと思います。
人気モデルだから出来る技っすね。

2020年モデルの新型Rebel250のスペック

  • 全長:2,205mm
  • 全幅:820mm
  • 全高:1,090mm
  • ホイールベース:1,490mm
  • シート高:690mm
  • 重量:170kg(S:171kg)
  • 燃料タンク:11L
  • 最低地上高:150mm
  • エンジン:DOHC水冷単気筒4バルブ
  • 排気量:249cc
  • ボア×ストローク:76.0mm×55.0mm
  • 圧縮比:10.7:1
  • ギア:6速
  • 馬力:19kw(26PS)/9,500rpm
  • トルク:22Nm/7,750rpm
  • 燃費:34.1km/L
  • フロントサスペンション:正立41mm
  • リアサスペンション:2本サス
  • キャスター:28°
  • トレール:110mm
  • フロントブレーキ:296mm/2pot
  • リアブレーキ:1pot
  • フロントタイヤ:130/90-16M/C 67H
  • リアタイヤ:150/80-16M/C 71H
スペックはほぼ変わりないです。全長ぐらい。
でも装備は結構変更点多いです。

2020年モデルの新型Rebel250の装備

※Rebel500の写真も混ざってるけど、エンジンとレバー類以外大体同じです。

LEDヘッドライト

rebreb (17)
CB400SFのヘッドライトとちょっと似てますけど別物だよ。あっちは8灯だけど、こっちは4灯かな?
rebreb (18)
ロー
rebreb (19)
ハイ
直径175mm

LEDウィンカー

rebreb (14)
直径55mm。ポジションランプも兼ねてる。

LEDテールランプ

meriken-(13)
消灯
meriken-(14)
テールランプ
meriken-(12)
ストップランプ

新型メーター

image-04 (12)
ギアポジションインジケーターが採用されています。
CBR250R系の水冷単気筒エンジンで初です。

つまりは今後、CB250R、2020年モデルの新型CBR250R新型CRF250L/RALLY等もモデルチェンジでギアポジションインジケーター装備になる可能性が高いです。めでてぇ

別になくても困らないけど、あると嬉しいよね。私は好き。

アシスト&スリッパークラッチ

20-Honda-Rebel-300_engine-source
こちらRebel300の画像です。

なんとアシスト&スリッパークラッチも採用です。ちなみにRebel500の方では30%負荷軽減とか書いてあったよ。

アシスト&スリッパークラッチもCBR250R系エンジンでは初ですね。
なのでこちらについても、CBR250R系エンジン搭載車の次期型モデルには装備されると思います。

前後サスペンション改良

20-Honda-Rebel-300_Matte-Blue-Jeans-Metallic-LRQ-source
Rebel300の画像です。

”ワイドピッチなφ41mmの正立フロントフォークは、オイルとスプリングの最適化などにより、優れた乗り心地と路面追従性を実現。”

”リア周りでは、窒素ガスを封入したダンパーユニットを採用して減衰力の安定化を図るとともに、スプリングの最適化などにより、クルーザーらしい乗り心地と荒れた路面での優れた車体挙動の安定性を確保。”

引用元:シャシー | 走行性能 | Rebel250 | Honda
前後サスも改良されているよ。親御さんに愛されてるな…
コレで値上げなしって凄いですね。相乗効果。

シート改良

20-Honda-Rebel_seat-source
シートもより快適になったそうです。新型Rebel500がそうなので、たぶんRebel250もそう。

image-07 (1)
ちなみにRebel500はブレーキにアジャスター付きましたけど、Rebel250はそういうの無いです。

Rebel250 S EditionとRebel250の比較

fksdpfjsdiofajdiof

  • 車体色:マットアクシスグレーメタリックはSにのみ設定
  • スモークスクリーン付ヘッドライトカウル
  • フロントフォークカバー
  • フロントフォークブーツ
  • ダイアモンドステッチスタイルシート(ブラウン)
  • 価格:税込63万8,000円(3万8,500円増し)

ストリート750とかあっち系のデザインですね。流行ってるのかな?

image-01 (6)
公式お写真。
めちゃかっちょいい…純正でこのスタイルって凄いですね。CB◯◯R系含め、いい意味でホンダらしくない様な。

2020年モデルの新型Rebel250の変更点

新型 / 旧型

スペック

  • 全長:2,205mm / 2,190mm
スペックですけど、全長しか変わってないです。
”平成28年規制に適合”
と記載ありますし、エンジンは現行のままの様です。へー意外。

ちなみにRebel500の方はACG出力が0.34kwから0.5kwに上がってます。
コレって発電量が上がったというより、灯火器類のLED化により発電量にゆとりが出来たって感じですかね?

装備

  • ヘッドライト:LED / ハロゲン
  • テールランプ:LED /.バルブ
  • ウィンカー:LED / バルブ
  • メーター:ギアポジション / 無
  • フロントフォーク:改良
  • リアサス:ガス封入タイプになった
  • シート:改良
  • クラッチ:アシスト&スリッパークラッチ / 普通

見た目の比較

fjsdifadsifasdif
角度が違うので大きさとか違って見えるけど、全長が15mm伸びたぐらいです。
ホイールベースやキャスターとかもかわらない。

  • ヘッドライト変更
  • テールランプ変更
  • ウィンカー変更

見た目の違いはコレぐらいですね。ほぼ同じ
jfidosfjioadsfa
こちらRebel500の新旧比較GIF画像ですが。
当火器類が変わると結構印象が変わりますね。急にネオ感が強まった。

大体そんな感じです。
まさかの値上げ無しです。今でも大人気なのに、更に人気者になっちゃいますね。

ちなみにRebel250もABSモデルオンリーになりました。
灯火器類含め、カスタムベースにしたいって方は現行の店頭在庫狙うのが良さげですね。安くなってるでしょうし。

あとRebel250ですけど、2019年モデル末期でも納期不明とか数ヶ月待ちでした。
なので新型も絶対納期ヤバいです。早めにほしいって方は速攻予約したほうが良いと思います。

大人気モデルなのでホンダも初期ロットはある程度の数は用意してくれてると思いますけど…
ちなみにCBR250RRは先行受注期間の予約(非ドリーム)でも半年待ちとかもあったみたいですんで、マジで気をつけてね。

jfidosfjioadsfa
ちなみに新型Rebel500についてはこちらの記事でどうぞ。250も混ざってるのであとで編集するかも。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ