ニュース

2021年モデルの新型CB1000Rと派生ハーフカウル(フルカウル)モデルの情報まとめ

  1. HOME >
  2. ニュース >

2021年モデルの新型CB1000Rと派生ハーフカウル(フルカウル)モデルの情報まとめ

CB1000RとCB998F、フルカウルまたはハーフカウルのモデルって感じ。
aijofioda
引用元:タイプ・価格 | CB1000R | Honda


2020年5月25日:情報追記&色々修正した
2019年11月11日:2021年モデルになりそう
9月2日:フルカウルの派生モデルの話もあるそうな
7月8日:2020年モデルの可能性もありそう
4月15日:記事書いたよ

2019年1月27日:CBR1000RR派生のツーリングモデルって噂があった

”なんかCBRはツーリングモデルとガチスポーツモデルがあるようだ。

たぶん管理人さんが挙げているAMTはそっちで、ガチスポーツモデルには搭載しないのでは?
ベース、SP、SP2(そもそもこのグレード分けが用いられるかが不明)でかなり性能が分けられる可能性がある。

裏取りは取れていないけどCBR1000Fの名称が用いられているという情報もあった。
これがツーリングモデル?

あと海外情報でブラックバードが復活というのがある。
もしかしたらこれがCBRのツーリングモデルなのかもしれない。

VFRのリッタークラスの情報ももしかしたらこれを指している可能性がある。

ざっくりとまとめると大型スポーツツアラーモデルが出そうというのは情報の多さから可能性が大と言っていいかもしれない。”

こちらいつもの方のコメントです、ありがとうございますー1月27日


詳細はこちらでどうぞ。それっぽい特許が複数出願されているよ。

4月15日:EURO5適合のタイミングでCB1000Rがモデルチェンジするかも

  • CB1000Rがモデルチェンジするかも
  • EURO5に適合
  • 外装の変更もあるかも

こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。2019年4月15日

8月28日:フルカウルの派生モデルがあるとか…

”2輪業界関係の人に聞いた話だと、外装変更ではなくCB650とCBR650みたいな関係になるみたいな話を聞いた。
話によると派生としてフルカウルのツアラーが設定されるみたいだから、もしかするとこっちが噂のブラックバードの後継機になるのでは?と思う。”

こちら※79さんのコメントです。ありがとうございますー8月28日

11月11日:2021年モデルでモデルチェンジになりそう

jiofsdjoidsjioasfi
2020年モデルはカラーチェンジのみでした。詳しくはこちら
なのでEURO5適合の2021年モデルでモデルチェンジがあると思われます。

11月16日:CBR1000F…

”CBR1000F(仮名、出ないかもという情報もある)”

いつもの方のコメントです。ありがとうございます!11月16日

2020年3月27日:CB-Fコンセプトが正式発表

EUFT0xKU8AECgLO
引用元:Honda Bike (ホンダ バイク)さんのツイート
ほぼCB1000Rの派生モデルのCB-Fコンセプトが正式発表されました。


流れ的に市販確実なモデルですかね。だいたいこのまま市販されると思うよ。

4月21日:やっぱりハーフカウルとかフルカウルモデルが準備されそう

”CB1000Rに関しては別モデルの情報も有。

このヤンマシの掲載されているモデルではない。
ハーフカウルかフルカウルのツーリングモデル。

恐らく以前から情報が出ていたツアラーモデルと思われる。

CBRの名が付くのかは不明。”

こちらいつもの方コメントです。ありがとうございます。2020年4月21日

5月6日:派生車種は市販化が決定しているらしいよ

”CB1000Rの派生車は市販化決定しているという話なので、今入っている情報だと、CB4XかCB4 Interceptor

ハーフカウルの情報が多いけどどうだろうか。
ただCB1000Rの派生車に関しては複数の情報があるから何とも言えない。
プラットフォームを共通化させて複数の車種を低コストで開発する方向へHONDAはやっているから、もしかしたら両方もあり得る。
シートレールを分離させる方向へしてコアフレームを統一させていくという話は聞いている。
エンジンも低コストで味付けを変えて共通化させていく方向らしい。

これの先駆者がNCシリーズで次期NCシリーズもかなり低コスト化で開発・生産していくらしい。

だから価格もそんなに上がらないと聞いている。”

こちらもいつもの方のコメントです。ありがとうございます。5月25日

2021年モデルのCB1000R

CB1000Rの初登場は2018年4月2日だよ

fjoidsajsio
引用元:Honda | 新世代CBシリーズの大型ネイキッドロードスポーツモデル「CB1000R」を発売
CB1000Rですが日本では2018年4月2日に初登場だよ。
EURO5があるとはいえ、結構早いタイミングでのモデルチェンジですね。今時珍しい。

新型CB1000Rは外装の変更があるかもしれない

CB1000Rですが、外装にアルミパーツを多用しているおしゃれさんです。普通じゃない雰囲気を感じる。ちょっと未来っぽいサイバー感?
そのためか車両価格は164万520円と比較的お高めな感じ。

DSC08876
CB1000Rの後に出た弟分のCB650Rはアルミパーツを殆ど使って無いです。しかしながら…
dsjfoisjaiso
引用元:Honda | バイク | Honda二輪純正アクセサリー | CBR650R / CB650R
純正アクセサリーでアルミパーツを沢山用意してくれてるよ。こういうの良いよね。親切。
んで、CB650RはベースのCB650Fと価格はあまり変わらない96万1,200円です。比較的安価。

新型CB1000Rは恐らくは外装のアルミパーツ率が下がると思う

そういう感じですので個人的な勝手な予想なんですけど、新型CB1000Rは外装のアルミパーツが減って、車両価格も下がるのでは?

デザイン自体の変更もあるのか、またはデザインそのままアルミパーツが樹脂パーツになるのかは謎ですけど、恐らくは前者だと思います。
EURO5適合でサイレンサー等のデザインも変わるでしょうしね。たぶん。

外装変更ってCB-Fの事だったりする?

CB1000Rは外装の変更があるってお話でしたけど…
EUFT06hUEAE6enF
引用元:Honda Bike (ホンダ バイク)さんのツイート
モロに外装の変更のみ(メーターとか違うけど)なCB-Fコンセプトなるモデルが発表されました。
外装の変更ってコレのことだったって可能性も地味にありますかね?

でも頂いたのはCB1000Rが外装の変更もあるかもって情報でしたので、多分コレとは別だと思います。
CB1000Rは外装変更するし、CB-Fコンセプトも出すよってパターンですね。

新型CB1000Rの発売時期について

2020年モデルの可能性もありそうでしたけど結局発表されませんでしたので、2021年モデルだと思います。
CB1000Rってヨーロッパがメインでしょうし、EURO5ありますので。

でもホンダのニューモデルの噂多すぎる&世界的に疫病が大流行してますので、その辺はちょっと気になるね。

CB1000Rのフルカウル、またはハーフカウルの派生モデル

CB●●Rの現状

現状、新世代CBシリーズですが…

  • CB125:CBR125Rは一応居る(車体違う)
  • CB150R:CBR150Rが居るが、車体は違う。
  • CB250R:CBR250Rが海外にいるが、車体はちがう→生産終了した
  • CB650R:CBR650R(車体も同じ)
  • CB1000R:なし(ベースエンジンは旧型CBR1000RRだぞ)

車体共通なのってCB650Rだけなんすね。へー

CB1000Rの派生モデルとして考えられるモデル

cb4 (19)
CB1000Rの派生モデルに関してはCB4インターセプターなるコンセプトモデルがEICMA2017で発表済みです。
全然ツアラーじゃないけど、一応フルカウル…?ロケットカウルか。

コレ、市販モデルのプロトタイプ系かな?って思いましたけど、ツアラーじゃないし、フルカウルじゃないし、流れ的に考えるとネオレトロ系じゃなくて今時系(CBR650Rとかそういう)になりそうですよね。

cb4xdattesa (13)
CB4XなるCB650R派生のハーフカウルモデルが居ます。おう。
当時は市販しない系のコンセプトモデルだろうと思ってました。今でもその気持ちがあるけど。

こちらはベースがCBR650Rですけど、CB4はCBR650F(CB650F)ベースでしたけど、最初に出たCB●●R系のモデルはCB1000Rでした。

なのでコンセプトモデルのベースがCBR650Rだったとしても、CB1000R系の派生で市販される可能性は全然あると思うよ。
650系は既にCBR650Rが居ますので地味にキャラかぶりするしね。

派生モデルちゃん、市販化は決まっているらしい

”CB1000Rに関しては別モデルの情報も有。”

”ハーフカウルかフルカウルのツーリングモデル”

”恐らく以前から情報が出ていたツアラーモデルと思われる。
CBRの名が付くのかは不明。”

”CB1000Rの派生車は市販化決定しているという話なので、今入っている情報だと、CB4XかCB4 Interceptor”

”ハーフカウルの情報が多いけどどうだろうか。
ただCB1000Rの派生車に関しては複数の情報があるから何とも言えない。”

”プラットフォームを共通化させて複数の車種を低コストで開発する方向へHONDAはやっているから、もしかしたら両方もあり得る。”

すべていつもの方のコメントです。

以前(2019年初旬)から新型CBR1000RRの派生でツアラーっぽいモデルが出るかも?って情報ありましたが、恐らくはCB1000Rの派生と話が混ざってたっぽいですね。こういうの結構ある。
CB1000RもベースはCBR1000RRのエンジン(旧型だけど)ですし。

個人的にはインターセプターじゃなくて、CB4Xの方になりそうだなーって思います。
コンセプトモデルの方向性的に見ても現実性がありますし。あと需要とか考えると。

大体そんな感じです。
さっきも書いたけど、ホンダって2021年だろうってモデルがたくさん居ますので、この派生モデルに関してはいつ頃出るのかちょっと謎です。

CB1000Rがモデルチェンジするなら一緒に発表するのが良いとも思うけど、現状時期に関する具体的な情報はないですかね。
CB1000Rはたぶん2021年モデルだと思うけど、派生のハーフカウルまたはフルカウルモデルについてはのんびり待った方が良いかも。

一人っ子だったのに急に3兄弟になりそう。または4人。
アフリカツインも急に3兄弟になりますし、NC750系は3兄弟だったのが6人兄弟になりそうです。家族が増えるよ。やったねホンダちゃん。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ