ニュース

2021年モデルの新型隼(ハヤブサ)向けっぽいエキパイとかの特許

  1. HOME >
  2. ニュース >

2021年モデルの新型隼(ハヤブサ)向けっぽいエキパイとかの特許

GSX-R1000Rのエキパイと似た感じですね。パワーグラフも載ってるよ。
hayacha (14)

新型隼向けっぽいオイルパンの特許

”オイルパンの軽量化を図りつつ、オイルパンの鋳造をし易くし、オイルパンの生産性を高める。”

2018年6月出願の特許です。
oil (1)

”オイルパン6は、上側が開口した略碗状または略箱状に形成されたオイルパン本体11と、オイルパン本体11の壁部からオイルパン本体内またはオイルパン本体外に向かって突出する後側リブ30および前側リブ40とを備え、後側リブ30および前側リブ40は、オイルパン本体11の上端部からオイルパン本体11の底部に向かってそれぞれ伸びている。これらのリブは、オイルパン6の鋳造時において、鋳型内に溶湯を流通させる湯道として機能する。”

コレによって軽量化&鋳造しやすくなるんだとか。
oil (2)
ちなみにエンジンの図がコレです。あ、新型隼向けの特許と見て良さげです。

新型隼向けっぽいオイルパンの特許その2

”エンジンオイル吸入時に生じるエンジンオイルの渦を抑制する。”

2018年6月出願の特許です。
oil1

”オイルパン6には、オイルパン本体11の底壁部16からオイルパン本体11内に突出し、かつオイルストレーナ7のオイル吸入口8の周辺からオイル吸入口8の直下に向かって伸びる後側内リブ31および底側内リブ33が設けられている。また、オイルパン6には、底壁部16からオイルパン本体11外に突出する底側外リブ34が設けられている。底側外リブ34の前後方向略中央部はオイル吸入口8の直下に位置している。”

これまたオイルパン系。オイルパンの特許って最近結構見るような。

新型隼向けっぽいチャコールキャニスターの配置とかの特許

”シリンダ後方の空間の保冷性を確保しながら燃料タンク下方でシリンダ後方にキャニスタを配置可能な自動二輪車のキャニスタ配置構造を提供する。”

2018年6月出願の特許です。
chaco (1)

”自動二輪車のキャニスタ配置構造は、メインフレーム21と、メインフレーム21に載置される燃料タンク11と、メインフレーム21に懸架されるシリンダアッセンブリ17及びクランクケース19と、燃料タンク11内で発生する蒸発燃料を吸着するキャニスタ12と、を備え、キャニスタ12は、キャニスタ12の一部がメインフレーム21よりも車幅方向外側に配置されるようにシリンダアッセンブリ17後方でメインフレーム21の下方に配置される。”

保冷性を確保しながら、タンク下でシリンダー後方にキャニスター配置するための特許だそうで。
ちなみにこの位置に配置したい理由はエンジンとタンクに繋がるキャニスターの経路の長さを短くしたいからですって。
chaco (4)
車両の図はコレ。あ、コレまた新型隼っすね。
chaco (3)
47がキャニスター
chaco (5)
アバウトな感じだけど新型隼、こういう感じの構成なんすね。

新型隼向けっぽい排気系の特許

”多気筒エンジンを備える自動二輪車において、簡易な構造で中低速域のエンジン出力を向上させると共に、レイアウトの自由度を向上させる。”

2018年6月出願の特許です

”多気筒エンジンの各気筒の排気口に接続される複数の排気管25と、連通孔を介して対となる排気管25同士を連結する連結管と、排気管25の前方に配置される熱交換器17,22と、を備え、連結管は、1番気筒及び4番気筒の排気管25A,25Dを連結する第1の連結管30と、2番気筒及び3番気筒の排気管25B,25Cを連結する第2の連結管31とを含み、第1の連結管30は、第2の連結管31よりも上方に配置されている。”

チャンバー(お弁当箱)つけると熱問題とか場所の問題あるので、エキパイの工夫でどうにかするぞって感じっすかね?
hayacha (16)
エンジンの図。あーうん、隼っすね。
hayacha (15)
前側から見たエキパイの図。
hayacha (13)
こっちは裏から見た図ですね。
あ、コレなんだか見覚えありますね。
0001_gsx-r1000_al7_engine
こちらGSX-R1000Rのエンジン。同じくつながってるタイプ。
gsx-r1000_al7_cg_exhaust_2 (1)
でもGSX-R1000Rはサーボ機構のバタフライバルブついてるタイプです。
hayacha (12)
今回の特許の容積部32は中空構造って記載ありますんで、バルブとかついてないタイプです。
hayacha (11)
連結管31も中には何も入ってないですね。
hayacha (14)
ちな17はラジエーター、22はオイルクーラーです。
ここまで図が丁寧にかかれてますので、大体は決まってるんですかね?
2018年6月の時点でコレですので、今頃テスト中か、既に完成して倉庫でおねんねしてるのかな?
hayacha (9)

”本発明のエンジンの排気装置によれば、上述のように特に第1の連結管30を排気上流側に設け、また、容積部32の容量を大きく確保し、エンジン中低速域の出力の谷を解消することができ、中低速域の出力を向上させることができる。”

”比較例として例えば、♯1気筒及び♯4気筒の連結管が♯2気筒及び♯3気筒の連結管よりも排気下流側に配置される。”

上記特許の奴と、比較例のパワーグラフ。
低中速域が良い感じになってる。

大体そんな感じです。徐々に装備等明らかになってきましたね。

hayacha-(8)
以前の情報などはまとめてますので、こちらの記事でどうぞ。
今度時間があるときにでもまとめ直しますーん。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ