ニュース

ハーレーのPan America(パンアメリカ)、Bronx(ブロンクス)の画像と情報

  1. HOME >
  2. ニュース >

ハーレーのPan America(パンアメリカ)、Bronx(ブロンクス)の画像と情報

発表されてましたので、情報まとめました。2020年モデルと2021年モデルだよ。
panpan (10)

Revolution® Max

  • 完全新型水冷60°Vツインエンジン
  • 排気量は975ccと1,250cc
  • 幅広いパワーバンドで柔軟なパフォーマンスを発揮
  • エンジンがフレームの一部を兼ねる
  • カウンターバランサー内蔵
  • デュアルダウンドラフトスロットルボディ

ブレンボとミシュランと共同開発

okbro (14)
ブレーキはブレンボと開発した新型の4POTラジアルマウントモノブロックキャリパー
panpan (14)
タイヤはミシュランと開発した物。各モデル向けに最適化したタイヤ。

Bronx(ブロンクス)

  • 2020年モデル。2020年後半に発売
  • ストリートファイター
  • 975cc

Revolution® Max 975

okbro (15)

  • 排気量:975cc
  • 馬力:115HP以上
  • トルク:70ftlb以上(94.9Nm)

1,250と975はベースは同じエンジンです。

Bronx(ブロンクス)の画像

okbro (16)
これまた唯一無二感あるストリートファイターですね。やっぱハーレーってすげーや。
okbro (15)
水冷エンジン。たしかDOHCだったと思います。
ブロンクスはベルトドライブでしたっけ。
okbro (13)
メーターはモノクロ液晶かな?
グリップヒーターやクルコンついてますね。電制は結構載ってそう。
okbro (10)
okbro (11)
okbro (12)
okbro (9)
ヘッドライトは丸目です。
okbro (7)
LEDですね。
okbro (6)
okbro (5)
okbro (4)
okbro (2)
okbro (1)
個人的には見た目大好きですねぇ。
最近、ハーレーに興味があるのですが、乗るならコレ乗りたいです。

Bronx(ブロンクス)の動画


公式PV

ニューモデル大集合動画

ありがたい字幕付き動画



ウォークアラウンド動画

Pan America(パンアメリカ)

  • 2020年モデル
  • アドベンチャーツーリングモデル
  • 1,250cc

Revolution® Max 1250

panpan (15)

  • 排気量:1,250cc
  • 馬力:145HP以上
  • トルク:90ftlb以上(122Nm)

Pan America(パンアメリカ)の画像

panpan (10)
panpan (13)
フルパニア…パニアもハーレーロゴ入ってますね。
panpan (14)
タイヤはミシュランと共同開発の物。オフっぽいですね。アドベンチャータイヤかな。
あ、チューブレスっぽいですね。
panpan (12)
ハーレーでは珍しいというか、近代ハーレーでは久々なチェーンドライブ。大体ベルトだよね。
オフ走行のためでしょうね。
panpan (15)
なんだかかわいい見た目のエンジン。OHVではなく、DOHCでしたっけ。
panpan (11)
メーターは液晶。フルカラーですね。
同じくクルコンやグリップヒーターついてる。
panpan (9)
むむ、コレって見た目的にSHOWAの電子制御サスですよね?EERAちゃん。
panpan (8)
調べたのですが、pan americanでしたら全米って意味だそうです。
おしゃれな名前つけてもらえて良かったね。
panpan (7)
panpan (6)
panpan (5)
panpan (4)
panpan (3)
ありそうでなかった見た目してますよね。
アメリカ的なマッスル感のあるアドベンチャーって感じで好きです。アメ車っぽい。
panpan (2)
panpan (1)
見た目だけで買うって人、居そう。

Pan America(パンアメリカ)の動画


公式動画


ウォークアラウンド動画

フレームも映ってる

フルカラー液晶なので、HDコネクトはついているでしょうし、電サスなので、他の電子制御類も付いていると思われます。

たぶん電子制御が載る

ちなみにライブワイヤや一部CVOに載ってる電子制御パッケージRDRSはこんな感じ。

  • Cornering Enhanced Electronic Linked Braking:コーナリングコンバインドABS的な
  • Cornering Enhanced Antilock Braking System:コーナリングABS
  • Cornering Enhanced Traction Control System:コーナリングトラクションコントロール
  • Drag-Torque Slip Control System:エンジンブレーキコントロール的な。
  • Cornering Enhanced Drag-Torque Slip Control System:コーナリングエンジンブレーキコントロール的な。ライブワイヤとトライクが標準装備
  • Vehicle Hold Control:ヒルスタートコントロール的な(坂道補助)
  • Tire Pressure Monitoring System:タイヤの空気圧監視

この辺がまとめてRDRSです。
パンアメリカやブロンクスに全部載ってるかはわかりませんが、少なくとも一部は載ると思います。

せっかくの新型エンジンですし、975と1250でエンジンのベースが同じなので、この辺まとめて載せたりしやすいでしょうし。

大体そんな感じです。
ハーレーの改革第2弾?なモデルがとうとう発売されますね。個人的にどっちもスゲー好き。

日本での発売日は謎ですが、ライブワイヤとかが多少遅れてきてますので、この辺のモデル群も欧米と比べて遅れてくると思います。
気になる方は販売店さんで聞いてみてね。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ