ニュース

新型GSX-S750向けっぽいマフラーの特許。排気デバイスが復活しそう。

  1. HOME >
  2. ニュース >

新型GSX-S750向けっぽいマフラーの特許。排気デバイスが復活しそう。

GSR750からGSX-S750になって排気デバイス無くなってましたけど、また復活しそう。
gsx-s750 (7)

スズキの排気系の特許

”排気ガスセンサの配置構造及び排気制御システム”

2017年11月出願の特許です。
gsx-s750 (7)
車両の図はこちら。GSR750ですね。
yokuwakannna-i
ちなみにこちらはGSR750とGSX-S750の比較GIF画像。
こういう感じですので、上記の特許は新型GSX-S750向けの特許かなーって思います。EURO5適合の。

またはGSX-S系の他のモデルでしょうね。新型GSX-S1000とか?

どういう特許じゃい

gsx-s750 (4)
gsx-s750 (3)

”本発明は、エンジン(3)から延びて排気流路の一部を形成するエキゾーストパイプ(6)と、排気流路の開度を調整する排気バルブ(7)と、排気流路を流れる排気ガス中の所定成分を検出する第1排気ガスセンサ(8a)と、を備える排気ガスセンサの配置構造に関するものである。第1排気ガスセンサは、検出部(80)が排気流路内に突出するように配置される。排気バルブは、排気流路の流路断面を拡縮する板状の弁体(70)と、排気流路の軸方向に交差する方向に延在して弁体の回動中心となる回転軸(71)と、を有する。弁体が流路断面を縮小する方向に回動するに従って、弁体の下流端が検出部に近づく。”

むむむ、排気デバイスが復活してますね。

57f37e8eb1749
GSR750は排気デバイスが装備されていましたけど、GSX-S750にモデルチェンジする時に無くなりました。
gsx-s750 (6)
んで、今回の特許では排気デバイスついてるよ。図の7の部分ね。EURO5適合のために必要なんでしょうね。
見た感じ、エキパイもサイレンサーも多少形変わってますね。

新型GSX-S750、どういうモデルになりそう?

個人的な勝手な予想ですけど…

  • フルモデルチェンジじゃなくてマイナーチェンジ
  • 排気量は上がらなさそう
  • 排気デバイスでEURO5適合系?
  • 電子制御スロットルはたぶんなさそう
  • 可変バルブ機構も無いと思う

個人的にはビッグマイナーチェンジで、主にEURO5適合のためのモデルチェンジだと思います。
多少は馬力等下がる可能性もありそうですね。

電子制御スロットルとか可変バルブ機構を装備すると値段上がりますので、兄貴分のGSX-S1000と価格が近づいちゃいますし。
なのでそういうのは無さそう。素人の勝手な予想だよ。

大体そんな感じです。
gsxr1000n (7)
新型GSX-R1000も排気デバイス付きそうな感じですので、スズキはEURO5を主に排気デバイスで適合する予定なのかな?

ちなみに2020年モデルの新型V-Strom1000は電子制御スロットルになるみたいですので、全部が全部排気デバイスで適合ってわけでもないよ。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ