ニュース

SV650用のKATANAっぽいパーツ、SV650 Tanto(短刀)が日本でも輸入(購入)出来るよ

  1. HOME >
  2. ニュース >

SV650用のKATANAっぽいパーツ、SV650 Tanto(短刀)が日本でも輸入(購入)出来るよ

ユーロダイレクトさんで購入できます。価格も結構普通。
42745648_1945442305519932_7415027742510415872_o
引用元:S2 concept accessoires - 投稿

広告

そもそもSV650 Tantō(短刀)って何よ?



フランスのアクセサリーメーカーのS2 conceptさんが製作したSV650X用の外装キットです。

42745648_1945442305519932_7415027742510415872_o
引用元:S2 concept accessoires - 投稿
こういう感じで、昔のKATANAのお顔をSV650につけちゃおうって感じですね。
SV650Xがベースなので、もともとセパレートハンドルですし。

SV650X TANTO SIDE CU WEB9
SV650にも装着可能ですが、ハンドルは変更を推奨するとか
SV650X TANTO SIDE WEB
引用元:Haut de carénage complet SV650 Tantō
こちらの車両はサイレンサーやアンダーカウル、スライダーやレバーガード等ついていますが、キットはお顔とラジエターシュラウド系のみです。
それ以外にはウィンカーがラジエターマウントになってますね。

フランスの一アクセサリーメーカーさんが出したカスタムパーツですので、このTantōさん日本は関係ないじゃろって思ってましたけど、日本でも買えるよ。

おなじみユーロダイレクトさんが取り扱いを発表

わぉ、ユーロダイレクトさんが発売するってよ。

”キット内容

ヘッドライトカウル
ラジエターサイドカバー
ヘッドライト
ウインドシールド

ステー、サポート等、取り付け部品一式”

引用元:S2 Concept SUZUKI SV650 フェアリングキット TANTO(短刀)
その他詳細はユーロダイレクトさんのページでどうぞ。
SV650Xでしたら、基本的にはこのキットのみでOKって感じですね。
配線の加工等は必要かもしれませんが。(ウィンカー位置変わるし)

fjdsofsjioa
引用元:S2 Concept SUZUKI SV650 フェアリングキット TANTO(短刀)
お値段ですけど…

  • 無塗装:8万8,560円
  • 日本SV650X純正カラー:9万9,360円
  • ヨーロッパSV650X純正カラー:11万3,400円

SV650乗りの人は無塗装買って塗装、SV650X乗りの方は日本純正カラー買うのが良さげですかね。

DUHpkrvU0AAK9d6
ちなみにこちらが日本純正カラー。オールトグレーメタリックNo.3
360_sv650x_side_facing_right
ヨーロッパのSV650X純正カラーのオールトグレーメタリック/グラススパークルブラックです。
p1_sv650x_whiteblack-profile-(1)
こちらはアメリカの2019年カラーのパールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラックです。
そんな感じで、国によって色が違うよ。

ちなみにユーロダイレクトさん曰く、SV650X以外はセパハン化が必要とのことですが…
guidon bracelet sv-et -gladius gr
CLIPONS_2017_SV650_S2CONCEPT

引用元:Guidon bracelet pour Gladius et SV 650 -2016
同じくS2コンセプトさんの商品で、セパハンキットもあるよ。トップブリッジはそのままでOKなセパハン。
こちら4万5,360円です。ユーロダイレクトさんのページはこちら。コレ、もしくは
fjdsofdjioasfai
SV650Xのトップブリッジやハンドル一式を購入って感じですかね。

そういう感じでして、一部で話題だったこのTantōさん、ユーロダイレクトさんが取り扱ってくれるみたいですので、購入のハードルがかなり下がりましたね。普通に買えるよ。
日本でも数人はこの短刀仕様にする人が居そうですね。

p1_sv650ablack-angled-(1)
ちなみに2019年モデルのSV650ですが、フロントのブレーキキャリパーが対向4POTになってるよ。
気になる方はこちらの記事でどうぞ。
恐らくは日本のモデルも同じ変更があると思います。

広告

-ニュース

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ