ニュース 個人的まとめ

【11/19更新】2018年モデルの新型、Z900RSのスペック/発売日/画像/PV/Z900と比較等まとめ

  1. HOME >
  2. ニュース >

【11/19更新】2018年モデルの新型、Z900RSのスペック/発売日/画像/PV/Z900と比較等まとめ

海外公式ページから情報持ってきたり、自分なりにまとめたりしたよ。
※派生モデルのZ900RS CAFEが発表されました。詳しくはリンク先でどうぞ。
DSC00210


引用元:Z900RS MY 2018 - Kawasaki Europe
引用元:Z900RS MY 2018 - Kawasaki United Kingdom
引用元:Z900RS | 株式会社カワサキモータースジャパン

■プレスリリース
C3171025-2
”900ccクラスの並列4気筒エンジンや流麗なティアドロップ型フューエルタンクなど、歴史的名車「Z1」への尊敬の念と強いこだわりを持って開発されたZシリーズの最新型レトロスポーツモデルです。”

”開発には様々な最新技術を投入することで、低中速回転域はトルクフルに、高速回転域までの吹け上がりは4気筒らしい上昇感が与えられたエンジンとし、先進の解析技術によりフレームの大幅な軽量化を実現しました。
さらに、各部のセッティングや作り込みに膨大な時間を費やすことで「操る悦び」に深みを与えています。”

”サウンドにもこだわり、全体の形状やプリチャンバー構造に加えてグラスウールの長さや密度までも調整することで、ライダーのココロを昂ぶらせるエキゾーストサウンドを実現しています。”

”また、水冷式4気筒エンジンとスーパースポーツモデルゆずりの足まわりや最新のトラクションコントロール装備により、ひとたびライダーが望めば、パフォーマンスブランドであるZのスピリットを引き出し、思うままにスポーツライディングが楽しめます。強いこだわりを持って創りあげられた「Z900RS」は、「Z1」同様に時代を超えて愛される魅力に溢れています。”
引用元:東京モーターショーに「Z900RS」など2018年モデル7機種を出展 | ニュース | 川崎重工
全文はカワサキのプレスリリースでどうぞ。

■価格・発売日
fjaosifaoijiof
・オレンジ:132万8,400円
・ブラック:129万6,000円
・発売日:12月1日

■カラーラインアップ
18ZR900C_40RBN1DRF00D_A_002
キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ
18ZR900C_40RBK2DRF2CG_A
メタリックスパークブラック
18ZR900C_40RGN1DRF2CG_A (1)
メタリックマットコバルトグリーン/フラットエボニー
(ヨーロッパカラー、日本にいないよ)

■お姿
upiojpoijijipoio

upuiojjiojiop
uopjiopjoijoi
oiujpiopjpiioo
jioiijipojo
juiojiojoiji
oojioiojio
ojpjijioj
iuhuhupiiuh
oiuijioio
kjnijniuhu
oijoiiojoij
ppujiioio
ujpoioijioio
iuipujpjio
hiuhiuhhuh
8hiuihu
こちら公式ページにあるぐるぐる回せる奴の一部。
公式ページで自由に回せるよ。

個人的に超好みですね。
カラー次第で、レトロ系にもネオレトロ系にもなれる様な気がする。
形とかバランスが絶妙…♥
■スペック
【】はZ900

・全長:2,100mm【2,065】
・全幅:865mm【825】
・全高:1,150mm【1,065】
・ホイールベース:1,470mm【1,450】
・シート高:800mm(835mm)【795】
・重量:215kg【210kg】
・燃料タンク:17L
・最低地上高:130mm

・エンジン:水冷DOHC並列4気筒4バルブ
・排気量:948cc
・ボア×ストローク:73.4mm×56.0mm
・圧縮比:10.8:1
・ギア:6速
・クラッチ:アシスト&スリッパー
・馬力:82kw(111PS)/8,500rpm
【92.2kw(125PS)/9,500rpm】
・トルク:98Nm/6,500rpm
【98.6Nm/7,700rpm】
・燃費:28.5km/L(WMTC:20.9km/L)
【恐らくWMTC:18.18km/L】 

・フレーム:ダイヤモンド(高張力鋼製トレリス)
・フロントサスペンション:倒立41mm
(プリロード、圧側、伸側)【プリロード、伸側】
 トラベル:120mm
・リアサスペンション:モノショック(ホリゾンタルバックリンク)(プリロード、伸側)
 トラベル140mm
・キャスター:25.0°
・トレール:98mm【103mm】

・フロントブレーキ:300mmダブルディスク/ラジアルマウントモノブロック対向4POT
【300mmダブルディスク/4POT】
・リアブレーキ:250mmディスク/1POT
・フロントタイヤ:120/70 ZR17M/C(58W)
・リアタイヤ: 180/55 ZR17M/C(73W)

ちなみに日本だとシート高800mmですが、海外では835mmです。
日本仕様は最初からローシートって感じですかね。

■装備
18ZR900C_40RBN1FHL00D_A_002
170mm大径LEDヘッドライト。ロー4室、ハイ2室の計6室
LEDウィンカー
18ZR900C_40RBN1FTL00D_A_002
LEDテールランプ
18ZR900C_40RBN1FMI00D_A (1)
2連アナログメーター&ネガティブ液晶
18ZR900C_40RBN1FFT00D_A_001
Z1っぽいタンク。
18ZR900C_40RBN1FEGB00D_A
水冷だけど空冷のフィンっぽいデザインが入ったエンジン
18ZR900C_40RBN1FMF00D_A
集合管。4本出しじゃないよ。
排気系のサウンドチューニングしてるんですって。カワサキでは初だとか。
18ZR900C_40RBN1FFWL00D_A
ワイヤースポークホイールっぽいけど、キャストホイールだよ
倒立フォークはプリロード、圧側、伸側調整できるよ
18ZR900C_40RBN1FRSU00D_A
カワサキと言えばなホリゾンタルバックリンクサスペンション。モノショックだよ。
伸側とプリロード調整可
18ZR900C_40RBN1FRMC00D_A
対向4POTラジアルマウントモノブロックキャリパー
18ZR900C_40RBN1FMC00D_A_001
ラジアルマスター

ちなみにクラッチレバーは5段階、ブレーキレバーは6段階で調整可能。

Assisted Slipperclutch
アシスト&スリッパークラッチ
18ZR900C_40RBN1NLS3CG_A

フレームはトレリスフレームだよ。完全新設計って公式ページに書いてあるよ。
ti_ft_kinou16
ETC2.0を標準装備。2.0は珍しいね。
wandahuruitoh
ちなみにこちら標準シート(800mm)とハイシート(835mm)の比較GIF画像。
ヨーロッパでは835mmのハイシートが標準シートです。

トラクションコントロールも装備してまして、2モードあります。1と2とオフ。

ヘルメットロックとハザードも標準装備だよ。

■Z900とスペック比較
gis
ちなみにこちらベースのZ900ちゃん。別人。

Z900と比べて、Z900RSは…
・全長:35mm長い
・全幅:40mm長い
・全高:85mm高い
・ホイールベース:20mm伸びた
・シート高:35mm(5mm)高い
・車重:5kg重い
・馬力:14PS落ち、発生回転数は1,000rpm下がった
・トルク:0.6Nm落ち、発生回転数は1,200rpm下がった
・燃費:2.72km/L良くなった

・フレームは完全新設計
・フロントサスペンション:圧側調整がついた
・トレール:5mm短くなった
・ブレーキ:ラジアルマウントのモノブロックキャリパーになった
・トラクションコントロール(2モード)が付いた
・LEDヘッドライトになった
・LEDウィンカーになった
・メーターがアナログ2連になった
・ETC2.0ついてる

エンジンが中低速メインの専用セッティングになってるみたい。
フレーム似た感じですけど、完全新設計らしいです。公式ページに載ってます。
その他、装備が豪華になってるよ。
拘ってますねぇ…

■公式カスタムモデル
・BITO R&D
bito-spec
その他画像、カスタム詳細はこちら

・DOREMI COLECTION
doremi-spec
その他画像、カスタム詳細はこちら

・MOTO CORSE
moto-spec
その他画像、詳細はこちら

■SZKさんに頂いたお写真
・ノーマル
DSC00211
DSC00209
DSC00210
DSC00208

・BITO R&D
DSC00214
DSC00215
DSC00213
DSC00212

・DOREMI COLECTION
DSC00217
DSC00220
DSC00218
DSC00219
DSC00216

・MOTO CORSE
DSC00222
DSC00223
DSC00224
DSC00225
DSC00221

■動画

 
 
上記は公式

お披露目の時の動画

排気音動画

紹介動画的な



排気音動画。凄い迫力だぜ…

大体そんな感じです。
予想CGとかだとバランス悪いな…って思ってたのですが、現物というか公式画像は凄く好みな見た目でした。
欲しいんですけど、お値段中々しますね…

joijjjiopjiop
ちなみにジャンルは違いますが、兄貴分のZ1000は115万200円です。兄貴よりお値段グレートだぜ。
見た目、スペック、装備は好みですので、あとはお値段に納得できるかですねぇ。

ちなみに…

カワサキプラザ沼津さんには11月1日にZ900RSが入荷するみたい。
つまりは東京モーターショーに行けない人でも、結構早い段階で現物見ることが出来そうです。
お値段とかで悩んでる方は、現物見て決めると良いかもですね。

ちなみに以前にコメント欄で報告いただいていたのですが、2018年モデルのZ900RSってそんなに数ないらしいので、気になる方は早めに予約したほうが良いかもですよ。
2019年モデル待ちとか嫌ですよね…

※派生モデルのZ900RS CAFEが発表されました。詳しくはリンク先でどうぞ。

-ニュース, 個人的まとめ
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ