ニュース

ヤマハが新型モデルStar Venture(スターベンチャー)とStar Eluder(スターイルーダー)を発表

  1. HOME >
  2. ニュース >

ヤマハが新型モデルStar Venture(スターベンチャー)とStar Eluder(スターイルーダー)を発表

ラグジュアリーなスターベンチャーとバガーなスターイルーダーだよ。
dekai


■プレスリリース
pic002
”ヤマハ発動機株式会社は、空冷Vツイン1,854cm3エンジン搭載のクルーザーカテゴリーのフラッグシップモデル「Star Venture」を2017年8月から北米で発売します。”

”「Star Venture」は“信頼性と走りの楽しさを備え、より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル”を望む近年の市場の声を反映して開発しました。最新の電子制御技術に加え、大型スクリーンやツアートランクを備えるフルドレス仕様で、スタンダードに加え、より長距離を楽しめる機能を備えたトランスコンチネンタルの2種のパッケージを設定しました。”

”主な特徴は、1)旅の楽しさを広げる情報システム“インフォテイメント”、2)クルーザーのフラッグシップとしての上質な仕立てと、ダイナミックなパワーを融合させたボディデザイン、3)鼓動感を楽しめるYCC-T(電子制御スロットル)搭載の新エンジン、4)駐車時に便利な電動前後駆動装置 “SURE-PARK”(市販車世界初※1)などです。”

”なお、“インフォテイメント”のオーディオシステムは、走行中の音響効果を重点に、ヤマハ株式会社との共同作業にて作り込みを行いました。 ”
引用元:米国二輪車総需要の約半数を占めるクルーザーカテゴリーへの新製品 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
全文はヤマハのプレスリリースでどうぞ。
今のところ日本やヨーロッパでの発売については言及されていませんね。

■お姿&カラーリング

img (49)
img (47)
img (48)
img (46)
Granite Gray

img (53)
img (51)
img (52)
img (50)
Raspberry Metallic

■価格
・スタンダード:2万4,999ドル(約275万900円)
・トランスコンチネンタルオプションパッケージ:2万6,999ドル(約297万1,000円)

■発売日(アメリカで)
2017年9月(日本のヤマハはアメリカで8月発売って言ってるよ)

■スペック

・エンジン:OHV空冷Vツイン(4バルブ)
・排気量:1,854cc
・ボア×ストローク:100.0mm×118.0mm
・圧縮比:9.5:1
・トルク:171.0Nm/2,500rpm
・ギア:6速
・クラッチ:湿式多板、アシスト&スリッパークラッチ
・駆動方式:ベルト

・サスペンションン:46mm正立
 トラベル:5.1インチ(129.54mm)
・リアサスペンション:モノショック(リモートプリロードアジャスト)
 トラベル:4.3インチ(109.22mm)
・フロントブレーキ:298mmダブルディスク/ユニファイドブレーキシステム、ABS
・リアブレーキ:320mmディスク/ユニファイドブレーキシステム、ABS
・フロントタイヤ:130/70R18 Bridgestone® Exedra®
・リアタイヤ:200/55R16 Bridgestone® Exedra®

・全長:106.3インチ(2,700mm)
・全幅:39.9インチ(1,013mm)
・全高:55.5~59.1インチ(1,410mm~1,501mm)
・シート高:27.4インチ(696mm)
・ホイールベース:67.6インチ(1,717mm)
・キャスター角:31.0°
・トレール:5.7インチ(144.8mm)
・最低地上高:5.5インチ(139.7mm)
・タンク容量:6.6ガロン(25L)
・燃費:34.0mpg(14.5km/L)
・車重:957lb【434.1kg】(トランスコンチネンタル:963lb【436.8kg】)

インチとかガロンとかなじみが無いので、なじみのある単位に直したよ。
しかしながら項目によって小数点以下を四捨五入してるものもあれば、切り捨ててるものもありますので、地味に違ったりすると思うの。

■装備
・ライドバイワイヤ(YCC-T)
・トラクションコントロール
・ライディングモード(ツーリング、スポーツモード)
・クルーズコントロール
・アシスト&スリッパークラッチ

・トランスコンチネンタルオプションパッケージ(オプション)
GPSナビゲーション、シリウスXMラジオ(衛星、インターネット放送)、追加のスピーカー、ヤマハエクスクルーシブデュアルゾーンオーディオコントロール、スタンダードなLEDフォグライト、追加のオンボードストレージ、セキュリティーアラームを追加で装備。

・新型6速ギアボックス
長距離走行のニーズに合わせて作られており、6速で121km/hの時は2,750rpmで、ウルトラスムーズに走行出来る。

・吸排気系、カムプロフィール、ポート形状等も新設計

・ヤマハシュアパークシステム
電動モーターが装備されており、ハンドルバーのスイッチで前進、後退が出来る。

・予備の電力

オルタネーターを2つ装備している。
合計で750wの出力で、車体のシステムに負担をかけることなく、電装品や電熱ウェア等を遣える。

pic001
引用元:米国二輪車総需要の約半数を占めるクルーザーカテゴリーへの新製品 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
・最先端のインフォティメントシステム
7インチのフルカラーLCD液晶タッチパネルがメーター(横)についており、タッチ、ハンドルバー(スイッチ)コントロール、音声コマンドで制御出来る。
車両の制御やデータの確認、様々な音源、ワイヤレスブルートゥースコミュニケーションオプションにアクセスできるようになっている。
ロックできるカウルストレージ内にはUSB電源およびインターフェイスポート(AUX)が装備されている。

・空気圧監視システム
前後輪に空気圧監視システムが装備されており、メーターに現在の空気圧の情報が表示され、空気圧が低下した場合は警告してくれる。

・色々と調整可能
ブレーキとクラッチレバーは5段階、背もたれは3段階、パッセンジャー用のフロアボードは2段階調整できる

・優れたエアロダイナミクス

電動調整のウィンドスクリーンは3.5インチ以上の調整幅。
フェアリングの中央にある外部(?)バイザーを調整すると、ライダーに空気が当たらない様に、またはライダーに空気が当たる様に出来たり。
フェアリングの下部にあるダクトを開閉することにより、エアフローをカスタマイズできる。

・色々暖かい
グリップ、ライダーとパッセンジャーのシートと背もたれが暖かくなるよ

・LEDライト
LEDテールランプ、LEDウィンカー、4連LEDヘッドライトを装備。

・デカいラゲッジシステム

サドルバッグ(パニア)、ツアートランク(リアボックス)、上下のフェアリングストレージにより37.3ガロンの容量の荷室がある。
トランスコンチネンタルオプションパッケージはさらに、ペアの簡単にアクセスできるパッセンジャー(用?)の荷室が追加され、容量が38ガロン以上になる。

・荷室は電気式ロック

USBポートが付いたフェアリングの荷室、サドルバッグ、ツアートランクは利便性とセキュリティのために、電気式ロックになっている

・スマートキー

・沢山のアクセサリー
クラシックなヒール&トゥシフター、追加のラゲッジラック(キャリア的な)、スタイリッシュな補助ドライビングライトなど

その他色々あるよ。上記は一部です。


img (54)
カウルストレージ的な。USB電源とステレオジャックついてますね
img (55)
img (57)
パニアケースやトップケース付き。全部で38ガロン以上(143.8L)だとか
img (56)
スマートキーだよ。
img (58)
img (59)
1,854ccのエンジン。レイダー系ですね。
”吸排気系、カムプロフィール、ポート形状などを新設計し優れたトルク特性、吸排気サウンドを実現。”
引用元:米国二輪車総需要の約半数を占めるクルーザーカテゴリーへの新製品 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
ギアボックスも新しい物ですが、その他色々と新しくなってるぞ。
img (60)
4連LEDヘッドライト。下のはオプションのフォグランプ。さらに補助灯とか追加できるよ(オプション)
img (61)
ウィンドディフレクター的な
img (62)
メーター中央の7インチディスプレイはタッチ操作できるタイプ。

■その他お写真
img (63)
img (64)
img (65)
img (66)
img (67)
img (68)
img (69)
img (70)
img (71)

■アクセサリー
1cpdAO-eIBNve1fk82Qf8kNpNV_ZVw4vtQmOF7UldyA1
LED補助灯:459.99ドル
E_L0lA5gKEtQ9l-UHK58gQOgMc0qqNZkC1TDs4XYMc81
LEDフォグランプ:359.99ドル
TREBgUJ-S4pvT6wlLOqQNpQ0PhhiMuoAhROrkoZdocU1
ツーリングバックレスト:249.99ドル
Zlg1uK3eNSJkJ8m7NL9oo7Jb0xoy6EcGrq1pGkuufEE1
トランクラック:249.99ドル
J9QBBqkaEQAReeIKYhCDSXhkIbLUJK58AbiQaJjwiEY1
ロアーウィンドディフレクター:249.99ドル
Ng2gtOd0UsMv9oybpdhqFtY45k3nNuOtk9CouaNQYe81
サドルバッグプロテクター:179.99ドル
OwEfMpS8nWh-tCvJdoBN_THJTq0mcfVX5SPmasgLT2o1
ミドルウィンドスクリーン:169.99ドル

■動画


公式PV

エンジン解説

装備等解説

快適装備等解説

インフォティメント解説

開場でお披露目された時の動画

大体そんな感じです。
その他詳細や画像は公式ページで確認してね。

勝手にV4だろうなーって思ってましたが、V2でした。
排気量等同じですので、レイダー系エンジンでしょうね。

ゴールドウィングやハーレーのでっかい系の対抗モデルでしょうか。
個人的には見た目が好きですね、ちょっと悪そうでかっこいい。

アメリカで発表されましたが、日本やイギリス等では発表されていません。
日本でも発売されると良いな…私は買えませんけど、一度は見てみたいですね。

■9月7日追記:派生モデルのStar Eluderが発表されました
img (2)
img
img (3)
img (1)

img (7)
img (8)
img (10)
img (11)
img (12)
img (13)
img (6)
img (14)
img (17)
引用元:2018 Yamaha Star Eluder Transcontinental Touring Motorcycle - Model Home
バガースタイルなStar Eluderが発表されました。派生モデルですね。
公式ページはこちら

■カラー
img (2)
こちらはインパクトブルー
img (4)
レイブン
img (5)
リキッドシルバー
引用元:2018 Yamaha Star Eluder Transcontinental Touring Motorcycle - Model Home
カラーは上記3色です。

■価格
・スタンダード:2万2,499ドル(約245万9,600円)
・GTオプションパッケージ:2万3,999ドル(約262万3,600円)

GTオプションパッケージにつく物は以下の通り

・GPSナビ
・CBラジオ
・SiriusXM
・セキュリティーアラーム

ちなみにスターベンチャーはスタンダードで2万4,999ドルなので差額は1,500ドル(約16万4,000円)です。
この差の理由ですが、結構装備がオミットされてます。

■スターベンチャーとの装備の変更点
dekai
ちなみにいつもの比較GIF画像

変更点ですけど…
・リアボックスなし
・タンデマー用背もたれなし
・リアスピーカーなし
・フォグライトなし
・エンジンがブラック
・マフラーがメッキから艶消しブラック
・ホイールがブラック
・フロントのディフレクターなし
・スクリーン短くなった

・Sure-Parkなし
・スクリーンの電動調整機能なし
・グリップヒーターなし
・空気圧モニターなし

・重量が82lb軽くなった(約37.2kg)
・全長、全幅、全高が小さくなった

大体上記の通りかと思います。

■動画


公式PV

大体そんな感じです。
装備がオミットされていますが、省かれたのは便利機能的な部分ですので、そこまで大きな違いはないですね。

こちらのスターイルーダーとスターベンチャーはヨーロッパでも日本でもアナウンスされていませんが、アメリカ専売モデルって感じでしょうか?
恐らくは排ガスの関係で、売れないって感じですかね…

一度は現物見てみたいですね。凄そう。
こんなでかいバイクを自分で運転する自信は無いので、上手な人にタンデムさせてもらいたいゾ

広告

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ