ニュース

ハーレーが中国のQianjiang Motorcycleと提携。338ccの新型モデルを2020年発売予定。たぶんベネリベース

  1. HOME >
  2. ニュース >

ハーレーが中国のQianjiang Motorcycleと提携。338ccの新型モデルを2020年発売予定。たぶんベネリベース

以前にアジア新興市場向けの250cc~500ccのモデル出すって話でしたけど、それの一環ですね。
image (11)

ハーレーが中国のQianjiang Motorと提携

  • ハーレーとQianjiang Motorcycleが提携
  • 2020年末までに中国市場のハーレーのディーラーで販売
  • 新型338ccモデル
  • 中国の銭江工場で生産される(車体とエンジン)

こちらハーレーのリリースの一部です。

以前に小排気量モデルについてはハーレーがアナウンス出してたよ

  • アジアのメーカーと戦略提携し、アジア新興市場向けの小排気量(250cc~500cc)のより手頃なモデルの開発を計画している
  • この新しいモデルと新しい市場での販売は、ハーレーダビッドソンのカスタマーアクセスと世界最大規模であり急速に成長している市場であるインドと他のアジア市場での(ハーレーの)成長を促進することを目的としている。

ちなみにこんな感じで、2018年9月頃(?)にハーレーが発表してました。

xg500-1
ストリート500とか750がインド生産なので、アジアのメーカーはインドのメーカーだろうと思ってましたけど中国でした。

fdjsifdsjfioasfiaos
ちなみにハーレーの計画ではこんな感じでした。来年末発売なのでこれ通りですね。
1~2モデルってありますので、今回の338ccモデルのみって可能性もありそう。

Qianjiang Motorcycleって何者?

jfosdjfoiadsfiojads
引用元:钱江摩托
Qianjiang Motorcycle(銭江摩托)の公式ページ…右上にBeneli??

調べたのですが…

  • 銭江摩托は浙江吉利控股集団の傘下
  • 浙江吉利控股集団は吉利汽車(中国大手自動車メーカー)、ボルボ、ロータス、ベネリの親会社でもある
  • 傘下の吉利は浙江吉利控股集団はダイムラーの筆頭株主

銭江摩托ですけど、中国のスーパーでかい企業グループの一員って感じです。

最初は全然知らん中国のメーカーとハーレーが提携するの?って思ってたのですが、中国の自動車関連のスーパー大手様でした。無知は怖いね。

新型338ccのモデルちゃん、どんな子?

image (11)
こちらはリリースに載ってたプロトタイプのイメージ画像

  • Vツインじゃない
  • モノショック
  • チェーン駆動に見える

image (10)

  • LEDヘッドライト
  • ストリートファイター系?
  • 見た感じ並列二気筒
  • フロントダブルディスク

ハーレーだけどVツインじゃなく、並列2気筒っぽいですね。
ちなみに銭江摩托には338ccのモデルは現状居ません。なので新型エンジンかな?

…と思ったらベース車両らしきモデルが居るゾ

ベースのモデル、たぶんベネリの302sだぞ

302s_white
こちらベネリの302sくん…あ、一緒やん!
jjodsijfasdoi
こちら新型338ccプロトタイプと302sの比較GIF画像。
エンジン、車体は302sベースですね。一致するんで。

そういう感じですので、上記のプロトタイプのCGはベネリのモデルがベースとみて良さそう。
実際の市販モデルは全然違う物になる可能性もありますが、プロトタイプとして載せてるのでほぼ確定ですよね。

ついでに新型338ccのベースになるかもなベネリの302sのスペック

  • 全長:2,130mm
  • 全幅:800mm
  • 全高:1,120mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:795mm
  • 重量:204kg
  • 燃料タンク:16L
  • 最低地上高:140mm
  • エンジン:DOHC水冷2気筒4バルブ
  • 排気量:300cc
  • ボア×ストローク:65mm×45.2mm
  • 圧縮比:12:1
  • ギア:6速
  • 始動方式:インジェクション
  • チェーンドライブ
  • 馬力:28.0kw(38PS)/11,000rpm
  • トルク:25.6Nm/9,750rpm
  • フロントサスペンション:41mm倒立
  •  トラベル:135mm
  • リアサスペンション:モノショック
  •  トラベル:45mm
  • フロントブレーキ:260mm/4pot
  • リアブレーキ:240mm/1pot
  • ABS:2チャンネル
  • フロントタイヤ:120/70-ZR17
  • リアタイヤ:160/60 - ZR17

公式ページには300ccと記載があります。
なので新型338ccエンジンはこのエンジンがベースで、排気量拡大等の改良があるんでしょうね。

302s_gallery_1
302s_gallery_14
302s_gallery_6
302s_gallery_7
お姿はこんな感じです。ちょっと癖があるストリートファイターって感じ。

250cc~500ccのモデルも多分ベネリベースじゃあ…

leoncino250_14
leoncino250_18
同じくベネリのLEONCINO 250(249cc)
Leoncino-1
Leoncino-5
こちらはLeoncino500(500cc)です。

ハーレーが250~500ccのアジア新興市場向けモデル出すって言ってますけど、恐らくは全てベネリ系のモデルがベースの可能性がありますね。338ccのモデルがベネリベースっぽいですし。

新型モデル群、日本でも売るみたい

タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシア、日本、インド、オーストラリアのアジア市場で協働する

引用元:Harley-Davidson ties up with Benelli-owner for small capacity bikes - Autocar India
全文、原文はAUTOCARさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

上記の通りに、今回のモデルにてついて日本も入ってるよ。
中国が2020年末なので、その後導入予定の国な日本は2021年頃ですかね。2年後ぐらい。

大体そんな感じです。
中国生産ですので比較的安価でしょうし、ベネリの車両がベースみたいなので完全新規モデルと比べると信頼性は高そうですね。

最初の印象はよくわからん中国のメーカーって感じでしたけど、ハーレーなのでその辺はしっかりしてますよね…失礼しました。

-ニュース
-, , ,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ