ニュース

2020年モデルの新型ゴールドウイングがドライブレコーダー搭載って噂

  1. HOME >
  2. ニュース >

2020年モデルの新型ゴールドウイングがドライブレコーダー搭載って噂

最近各社すぐにバリエーションモデルとか出してますし、可能性高そう。
dorako-(7)

2020年モデルの新型ゴールドウイングの噂を頂いたぞい

”ホンダ関係者から聞いた噂です、ゴールドウイング2020モデル(モーターショー発表?)用に二輪初の純正ドライブレコーダー搭載とスピードメーターがナビ等表示の時の光の反射による障害を対策し改良されるそうです。カメラはミラーに内蔵されるみたいですが、モニタリングはメーター内の画面で見る感じになるんでしょうか?そんなことを聞いてしまうとますます買うのが先になってしまって困るんですが(笑)”

こちら※62さんのコメントです、ありがとうございますー2月7日

以前からマイナーチェンジの噂があるゴールドウイングですけど、※62さん曰く2020年モデルでドラレコ搭載&メーターの表示の改善(パネルですかね?)がされるって噂です。

ドライブレコーダー搭載のバイクって今までありましたっけ?
台湾のkymcoちゃんではついてるモデル多いですけど、日本や欧米大手のメーカーでは聞かない様な。

ホンダの車載カメラ関連の特許があるでよ

dorako-(9)
図はVFR1200Fですね。ツアラー向けの特許って感じ。

”本発明は、車両前部の装備品の使い勝手に影響を与えることなく、光学センサによって高精度に車両前方を検出することができる、鞍乗り型車両の光学センサ支持構造を提供する。鞍乗り型車両の光学センサ支持構造は、車両前方の物体を検出する左右カメラと、車体フレームのヘッドパイプに固定されて車両前部の装備品をヘッドパイプに支持する支持ステーと、を備え、左右カメラが支持ステーに支持されている。”

こちら再表ですが、2019年1月後半に公開された特許です。出願自体は2016年6月だよ。
dorako-(8)
41がカメラです。アッパーカウルに内蔵されてますね。
dorako-(7)
dorako-(5)
こんな感じでヘッドパイプにカメラ装着しちゃおうって特許です。
31はメーターだよ。37aはミラー締結部で、カメラのステーもそこで共締めされてます。
dorako-(3)
別の例(第二形態)もありまして、こちらはカメラの位置がかわってますね。
dorako-(1)
こっちだとごっつい支持ステー35でカメラを支持してますので、左右のカメラの相対位置のズレを抑制したり、振動に強かったり、カメラ位置をより外側&上の方に出来るとかなんとか。

ミラーに内蔵すると色々と問題あるんだそうな

今回のホンダの特許ですけど、以前のカワサキの特許の改良案って感じです。
kawami (2)
こちらはカワサキの特許です。2007年7月出願。
kawami (1)
ミラーにカメラ内蔵しちゃうぞって特許

んで、ミラーにカメラ内蔵しちゃうと…

”カメラによって撮影された撮影物と自車両との距離を計測する場合、左右カメラの相対配置を一定にすることが望まれる。しかし、ミラーにカメラを内蔵する場合、ミラーの動きにより左右カメラの相対位置および角度がずれやすい構造となり、撮影物との距離を高精度に計測することが困難であった。また、カメラの相対配置を固定するためにミラーを固定してしまうと、乗員がミラーの角度を調整できなくなり、ミラーの使い勝手が悪くなってしまう。”

って問題があるので、今回のホンダの特許だそうです。成程。この文は今回のホンダの特許の文。

ちなみに最近ゴールドウイング系の特許が結構沢山公開されています。2017年7月頃の出願で、ここ最近公開的な。
内容的に現行モデルに使われてる特許って感じでしが。

今回のこのカメラ関連の特許ですが、ゴールドウイングに使われる特許の可能性もありそうですね。
再表なので、ゴールドウイング向けに改良?したとも考えられますし。

ミラーに内蔵ってお話ですけども…&ホンダセンシング?

fsadfda
ちなみにゴールドウイングのアッパーカウルとかミラー周辺はこんな感じ。
※62さんのお話だとミラーに内蔵ってお話ですけど、ミラーステーに内蔵って感じでしょうか?

またはミラー自体が変更って感じですかね。ミラーの位置調整してもカメラの位置はずれないミラーになるとか?


ちなみに上記の特許のカメラでしたら、ドライブレコーダーというより、ホンダセンシングって感じですよね。

”本発明は上記実施形態に限られるものではなく、例えば、カメラは可視光のみならず赤外線等の不可視光を撮影するカメラであってもよい。カメラのみならず赤外線またはミリ波等を用いたレーダー等の光学センサであってもよい。左右一対ではなく単体の光学センサを用いる構成であってもよい。カメラおよびレーダーを併用する構成であってもよい。”

こういう記載も今回のホンダの特許にあります。車みたいにレーダー+カメラでもOK的な。

車みたいに全部載せは難しいかもですが、何かしらの安全運転支援系の機能が追加されてる可能性はあるかもしれませんね。

となると結構お値段あがりそうですので、ゴールドウイング ツアー ホンダセンシングパッケージとかそういうモデルが追加とかでしょうか?

大体そんな感じです。
モーターショー発表であれば、そろそろ何かしらの噂とか情報が出てきそうですね。

ヤングマシンさんとかオートバイさんとかがスクープしてくれるのかな?
気になる方はその辺の雑誌もチェックしてみた方が良いかも。

2月14日:特許の奴はやっぱりドラレコとあんまり関係ないっぽいです

”これゴールドウィングに付くというか、HONDA全体がやっている二輪先進安全装備の奴だから、車種に関しては不明。

ドライブレコーダーではないはず。
モーターショーでも説明員の人がいずれは先進安全装備は二輪にも普及させると話していたから間違いないと思う。

特にブラインドスポットモニターやACCなどを二輪でやろうと研究している。
この研究自体は四輪と同時にやっていた。
しかし、二輪の場合は振動が大きすぎてカメラ等のセンサーによる計測に誤差が生じるのが問題だったので、今回の様に専用ステーで固定しようっていう特許だと思われる。
日本メーカーだとこの辺りを積極的にやっているのはHONDAだけで、海外だとBOSCHが既に具体的な物を作っている。

ただ、HONDAは例のスマートヘルメットと二輪の連携によるってのが最終目標っぽい。
なぜなら走行中はメーターなどを視認する回数が少なく、視線移動がなるべく少なくするには、ヘルメットのバイザーに表示するのが理想という感じだから。
なお、これはBMWも同じ見解でメーターをヘルメットに移すってのが目標になっている。

だから数年後にはスマートヘルメットが続々と出てくる。

SHOEIや他のメーカーからも。”

いつもの方のコメントです、ありがとうございますー2月14日

ステレオカメラですし、ドラレコというよりホンダセンシング系ですよね。
なので今回の特許はあんまり関係がないのかも。

2020年モデル、どうなるんすかね…うーん、わからん。

-ニュース
-,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ