ニュース

2021年モデルの新型CBR250RRと2019年モデルの比較・変更点まとめ

  1. HOME >
  2. ニュース >

2021年モデルの新型CBR250RRと2019年モデルの比較・変更点まとめ

正式に発表されました。2018年6月から長かったねぇ…めでたい。
jdsoifadisofsaiofas


2020年7月24日:インドネシア仕様も正式発表
2020年7月23日:正式発表されました。過去の情報はこちら
2020年7月17日:発表日延期&価格について
2020年6月21日:日本国内仕様はスマートキーなし&軽量化について
2020年5月30日:日本国内仕様は41PS
2020年5月29日:発売日延期
2020年5月20日:発売日の延期ありそう。42馬力説もあるよ。
2020年1月28日:情報追記。過去の情報はこちらでどうぞ。

2018年6月27日:2020年モデルの新型CBR250RRの情報頂いたよ

2021年モデルの新型CBR250RRのリリース

”Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒249ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を、出力向上やアシストスリッパークラッチの採用など熟成を図るとともに、カラーリングを変更し、9月18日(金)に発売します。”

引用元:Honda | 軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を出力向上、アシストスリッパークラッチ採用など熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
リリースこちら。公式ページこちら

インドネシアでも正式発表されました。基本的に日本のものと同じです。

CBR250RRのカラーラインアップ

2017年モデルのCBR250RRのカラーラインアップ

RH_BLK_abs_10
マットガンパウダーブラックメタリック
RH_SILV-abs_10
ソードシルバーメタリック
RH_RED_abs_10
ヴィクトリーレッド

2018年モデルのCBR250RRのカラーラインアップ

RH_WH_abs_10dd
パールグレアホワイト

2018年モデルはパールグレアホワイトが追加です。2017年モデルの3色は継続。計4色。

2019年モデルのCBR250RRのカラーラインアップ

stripe
【新色】グランプリレッド(ストライプ)
red (2)
【新色】グランプリレッド
black (5)
【デカール変更】マットガンパウダーブラックメタリック
white
【一部カラー変更】パールグレアホワイト

2021年モデルのCBR250RRのカラーラインアップ

black (11)
EdlEGueVoAEnaVr
マットガンパウダーブラックメタリック
white (2)
EdlEG3UU0AI0Idt
パールグレアホワイト
blackred
EdlEHDIUYAI2iKD
グランプリレッド
trico
EdlEGmVUEAIGP76
グランプリレッドストライプ

基本的に皆さんカラーが変わってます。
グランプリレッドストライプはデカールの変更は無さげです。

ついでにインドネシアの2020年モデル(2021年モデル?)

29357
SP:ブレイブリーレッド・ブラック
40832 (1)
SP:スペシャルエディション
48138
SP/ABS/STD:レーシングレッド
85690
ABS/STD:ブレイブリーマットレッド
47539
ABS/STD:マットガンパウダーブラックメタリック
51158
STD:ブラックフリーダム

SPグレードにはクイックシフター装備って感じです。
そういえば上位バージョンを用意ってお話でしたけど、インドネシアでの話だったんですね。

97092
ちなみにスペシャルエディション。

”GARUDA×SAMURAI”

KABUKIに続く日本イメージのカラーって感じでしょうか。garudaだとインドって感じですけども。

CBR250RRって日本だと独自のカラーラインアップって感じです。(一部共有だけど)
その辺こだわってるんでしょうね。

2021年モデルの新型CBR250RRの価格

jsidfjsdiofsaio

  • 2019:税込82万1,700円(ストライプ:85万4,700円)
  • 2021:税込82万1,700円(ストライプ:85万4,700円)

価格は据え置き…じゃあないです。

2021年モデルは値上げ予定だったけど、据え置きになった

愛媛県松山市のホンダドリーム松山さんのツイート。

こちらはホンダの販売店向けの集まりでのお写真ですね。画像2枚目にCBR250RRの価格が載っています。
84万7,000円(ストライプ:88万円)です。2万5,300円の値上げの予定でした。
それから7月17日発表予定でした。
が…

”もしかしたら明日の発表時にHONDAから何らかの追加情報が公表されるかも

あくまで噂で”

いつもの方のコメント。7月16日

”またまた、発表が遅れてますね❗今度は23日とか‼️”

※790さんのコメント。7月16日

”噂だと、値上げをせず価格を据え置きにするようです。”

※792さんのコメント。7月16日

”今日聞いた事。
明日の発表は一週間延期、価格は据え置きとの事。”

※793さんのコメント。7月16日

って感じで、発表日の延期&価格が据え置きってコメント頂いてましたが、実際にそうなりました。
異例だと思います。私が知る限りはこういうのは今までなかったような。

ちなみにZX-25Rの発表日は7月17日で、価格は82万5,000円です。

2021年モデルのCBR250RRはZX-25Rより高くなる予定でしたが、据え置きになりましたので、ZX-25Rより税込3,300円安価です。
ちなみにZX-25Rはタイ生産、CBR250RRはインドネシア生産・日本組み立てです。

2021年モデルの新型CBR250RRのスペック

  • 全長:2,065mm
  • 全幅:725mm
  • 全高:1,095mm
  • ホイールベース:1,390mm
  • シート高:790mm
  • 重量:168kg
  • 燃料タンク:14L
  • 最低地上高:145mm
  • エンジン:DOHC水冷2気筒
  • 排気量:249cc
  • ボア×ストローク:62.0mm×41.3mm
  • 圧縮比:12.1
  • ギア:6速
  • 馬力:30kw(41PS)/13,000rpm
  • トルク:25Nm/11,000rpm
  • 燃費:27.1km/L
  • 排ガス規制:平成28年規制
  • フロントサスペンション:倒立
  • リアサスペンション:リンク式モノショック
  • キャスター:24°30'
  • トレール:92mm
  • フロントブレーキ:2POT
  • リアブレーキ:1POT
  • フロントタイヤ:110/70R17M/C 54H
  • リアタイヤ:140/70R17M/C 66H

排ガス規制ですが、平成28年規制のままです。平成32年規制じゃないよ。適合はせずとも準拠はしてるって感じでしょうか?

→ちなみにインドネシア仕様も発表されたのですが、日本国内仕様とスペックは変わりありません。
馬力もトルクも車両重量も同じです。

むむむ、となると日本国内仕様はEURO5相当ではなく、EURO4相当って感じなんでしょうか?
継続車種なので2022年10月あたりまでは日本でもEURO4相当で大丈夫ですし…

この辺謎です。スペック的には平成28年規制適合なのでEURO4相当です。平成32年規制(EURO5相当)に準拠しているかは謎です。

2021年モデルの新型CBR250RRの装備

詳しくはリリースを見てね。

  • 新型ピストン
  • ピストンリングに錫メッキ処理
  • 浸炭コンロッド
  • バランサーシャフト軸の小径化
  • バルブスプリング荷重低減
  • シリンダー下端への切り欠き追加
  • 点火時期変更
  • 吸気系最適化
  • マフラー内部構造変更
  • ライディングモードのパラメーター最適化
  • アシスト&スリッパークラッチ追加
  • 上下クイックシフターをアクセサリーで用意

変更点はこんな感じ。具体的に書いてくれてありがたいですね。

  • エンジン改良
  • ECUマップ改良
  • 吸排気系改良
  • アシスト&スリッパークラッチ追加
  • クイックシフター対応

もっと簡単にするとこんな感じ?

特許であったオイルパンあたりは無さげです。また、スマートキー等の設定も無いです。
あれってやっぱりCBR1000RR-R向けだったんですかねぇ…またはインドネシア仕様で用意とかですかね。
→インドネシア仕様にも現状無い。

クイックシフターは2万5,300円

photo1-1 (2)
引用元:Honda | バイク | Honda二輪純正アクセサリー | CBR250RR
ちなみにクイックシフターですが、税込2万5,300円です。おぉ、比較的安価。嬉しい。

それからクイックシフタープレゼントキャンペーンですが、あれって先行受注期間中に発注した販売店さん向けのキャンペーンですので、公式ページに告知等は特に無いです。

今の時勢ですのであのキャンペーンがどうなったかわかりませんし、そもそも販売店にプレゼントってキャンペーンです。顧客にプレゼントが約束されたキャンペーンではないよ。

2021年モデルの新型CBR250RRの変更点まとめ

新型/旧型

スペック

  • 重量:168kg / 167kg
  • 圧縮比:12.1 / 11.5
  • 馬力:30kw(41PS)/13,000rpm / 28(38PS)/12,500rpm
  • トルク:25Nm/11,000rpm / 23Nm/11,000rpm
  • 燃費:27.1km/L / 26.7km/L
  • 変速比(1速):3.181 / 3.272

恐らくは排ガス規制関連で1kg重くなりましたが、馬力は3PS、トルクは2Nmも高くなりました。
あと1速の変速比変わってます。この辺変わるのって珍しいですね。

装備

  • エンジン改良
  • ECUマップ改良
  • 吸排気系改良
  • アシスト&スリッパークラッチ追加
  • クイックシフター対応

価格

  • 税込82万1,700円(ストライプ:85万4,700円)
  • 据え置き。予定からは値下げ。

2021年モデルの新型CBR250RRの見た目の変更点

jfiosdfiodaio

  • ホイール:ブラック→ゴールド
  • リムストライプ:あり→なし
  • デカール変更

hjdsfjadisofadjsio

  • フレーム:ブラック→レッド
  • ホイール:ブラック→ゴールド
  • リムストライプ:あり→なし
  • デカール変更

jdsoifadisofsaiofas

  • アッパーカウル:レッド→マットブラック
  • タンク:レッド→マットブラック
  • ホイール:ブラック→ゴールド
  • リムストライプ:あり→なし
  • デカール変更

fsdofjdsoifjsaifoasdiof

  • ホイール:ブラック→ゴールド

みなさんえらく派手になりましたね。
そろそろソードシルバーメタリックの復活とか…私は好きなんですけどね…いい色だよ…ね…

大体そんな感じです。
価格据え置きで馬力&トルク&燃費アップです。アシスト&スリッパークラッチも追加。
んで、オプションでクイックシフターに対応しました。
言うこと無いんですけど…ライバルが強大ですねぇ。

ちなみに年間販売計画はZX-25Rは5,000台、CBR250RRは4,000台です。色々とバチバチです。
どっちもいっぱい売れて欲しい…公道でかっちょいいバイク見るとテンション上がるので。

ついでにNinja250とZX-25RとCBR250RRのスペックや装備を比較する記事もありますんで、気になる方はこちらでどうぞ。

-ニュース,
-, , , , ,

error: テスト

© 2020 個人的バイクまとめブログ